Latest Entries

チーム紀伊水道とは

「チーム紀伊水道」は和歌山市を中心に活動する、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)とセクシュアルマイノリティを理解したい人のグループです。

セクシュアルマイノリティとは自分自身の中に「あまり一般的ではない」性についての問題を抱えている人たちのことです。もう少し詳しく言うと「心身の性別が一致していて、異性愛の人」以外の人です。同性愛者であったり、両性愛者であったり、性同一性障害者であったり、また他の呼び名を持つ人たちであったり、いろいろです。ときには「LGBT」だとか「LGBTQ」などと呼ばれたりもします。

それ等の当事者が当事者同志でなければ話し合えないような悩みや相談などを持ち寄って、みんなでよりよい解決方法を探したり、或るいは他愛ない話をしたり、また、周囲の人たちに向けてセクシュアルマイノリティを判りやすくするイベントを開いたりするのが「チーム紀伊水道」というグループの主な活動です。

チーム紀伊水道の参加対象は「セクシュアルマイノリティ当事者及びセクシュアルマイノリティを理解したいと思っている人」です。主に和歌山県に在住・通勤している人を対象にしてはいますが、他地方にいる当事者がふらりと立ち寄っても構いませんし、セクシュアルマイノリティについて興味がある・理解したい人であれば非当事者の参加も歓迎致します。

チーム紀伊水道では2箇月に1回、交流会を開いています。開催日時や開催場所についてはこのブログやWebサイトで逐次お知らせ致します。予め参加の意志をお申し出頂けますと助かりますが、その日に思い立って飛び込みでいらしても構いません。

参加費用は1人1回500円です。頂きました参加費は会場費や当日のお茶・お茶菓子代等に充てさせて頂きます。
お金に困っている人については免除も可です。ご相談ください。

その他の活動については不定期ですので、メールフォームからお問い合わせください。

講演会「つまづいたっていいじゃないかにんげんだもの」

【和歌山県精神保健福祉センターからのおしらせ】

和歌山県精神保健福祉協会講演会
「つまづいたっていいじゃないかにんげんだもの」
~父・相田みつをを語る~

【日時】2017年7月12日(水)14:10~15:40
【会場】県民交流プラザ和歌山ビッグ愛9階会議室A(和歌山市手平2丁目1-2)
【講師】相田一人氏(相田みつを美術館 館長)
【対象】協会員及び一般の方
【参加費】無料(要申し込み)
【申込先】和歌山県精神保健福祉センター(和歌山市手平2丁目1-2/TEL : 073-435-5194)
【申し込み方法】FAXでお申し込みください。FAX : 073-435-5193
※手話通訳・要約筆記が必要な場合は6月20日までにご連絡ください。

講演「大人としていきていくための学び」

【和歌山県精神保健福祉センターからのおしらせ】

平成29年度和歌山県精神保健福祉センター
思春期セミナー

講演「大人としていきていくための『学び』
 ~『安心して生きていく力』を育む家庭教育の可能性」

【日時】2017年7月25日(火)13:30~15:30
【会場】県民交流プラザ和歌山ビッグ愛12階1201会議室(和歌山市手平2丁目1-2)
【講師】中山節子氏(千葉大学教育学部准教授)
【対象】精神保健福祉従事者、子供の自立支援に関心のある方
【定員】80名(先着順)
【参加費】無料
【申込先】和歌山県精神保健福祉センター(和歌山市手平2丁目1-2/TEL : 073-435-5194)
【申し込み方法】FAXでお申し込みください。
FAX : 073-435-5193
※手話通訳・要約筆記が必要な方は早めにお申し込みください。

講演「依存症への理解と支援」

【和歌山県精神保健福祉センターからのおしらせ】

平成29年度和歌山県精神保健福祉センター
精神保健福祉従事者専門研修会

講演「依存症への理解と支援」
-アルコール、薬物、ギャンブルを中心として-

【日時】2017年7月14日(金)13:30~15:40
【会場】御坊保健所 別館大会議室(御坊市湯川町財部859-2)
【講師】西川京子氏(新阿武山クリニック ソーシャルワーカー)
【対象】精神保健福祉従事者、当事者及びご家族、依存症に関心のある方
【定員】50名(先着順・定員になり次第締切)
【参加費】無料
【申込先】和歌山県精神保健福祉センター(和歌山市手平2丁目1-2/TEL : 073-435-5194)
【申し込み方法】FAXでお申し込みください。
FAX : 073-435-5193
※手話通訳・要約筆記が必要な方は早めにお申し込みください。

ESTO活動のご案内

【ESTOからのおしらせ】

◆ESTO活動のご案内◆

1998年の発足から今年の10月で20年目になりますが、
定期イベントとしてミーティングや交流会を開いています。
その他に自殺防止研修会や栃木県「S-PEC」との共催で
講演会などの活動を続けています。

春・夏と秋・冬の年2回、秋田・宮城・東京で
地域課題を考えるミーティングを開催しています。
また、親子交流会をリニューアルして、秋田・宮城で
東北のLGBTユースと保護者のための交流会
「サークル・カメレオン」を開いています。
昨年より岩手県でも「子どものセクシュアリティを
考える親の会」を始めました。

秋田◆秋田ミーティング&サークル・カメレオンAKITA
宮城◆宮城ミーティング&サークル・カメレオンMIYAGI
東京◆東京ミーティング
岩手◆子どものセクシュアリティを考える親の会

その他、秋田(毎月第4日曜)、宮城(隔月)で、
地域スタッフが小さな交流会を開催しています。

秋田■秋田LGBTこみっと茶っと
宮城■宮城LGBTとばっこ交流会

イベントの開催日や詳細については、
WEBサイトのイベントカレンダーをご覧ください。
http://estonet.info/esto_event/scheduler.cgi

なお、代表のブログやSNSでも情報発信をしています。
フォローや友達申請をお待ちしています!

真木柾鷹のブログ
http://ameblo.jp/estonet/
Twitter
https://twitter.com/esto_masaki
Facebook
https://www.facebook.com/masataka.masaki.3

Appendix

プロフィール

チーム紀伊水道

Author:チーム紀伊水道
和歌山市を中心に活動する、セクシュアルマイノリティとセクシュアルマイノリティを理解する人のグループです。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード